裁判官の結婚相手の見つけ方

裁判官の結婚相手の見つけ方※婚活パーティー情報も!

裁判官のイメージと言えば「法律に詳しい人」と認識してる人は多いと思います。身分については民間企業で働いている訳ではなく、法務省の国家公務員になります。ただ、一般的な事務系・行政系の職員とは給与形態などが大分異なりますので、公人の中では特殊な職業であると言えるでしょう。さて、裁判官と結婚したい人や妻となる相手の女性を見つけたい方のために裁判官の婚活について徹底的にリサーチしていきたいと思います。堅苦しい印象に強いのが特徴的ですが、飲み会などもしっかり参加する人もいますし、20代・30代くらいであれば街コンやお見合いパーティーで結婚相手の見つけ方を知りたい!と叫びたくなる人もいるのではないでしょうか?裁判官が結婚相談所に登場すれば当然のように安定感+高収入である点から人気は出る可能性は高いと言えるでしょう。さて、これから裁判員と結婚したい!と考えている方のために基本となる職業情報の初級編知識について解説していきたいと思いますので、参考にしてくださいませ!

 

司法試験を突破する必要がある

 

認知度の高い職業である弁護士と同様に司法試験といった超難関国家試験を突破する必要があります。言わずと知れた国内ビック3と言われているので、めちゃくちゃ勉強ができる人が毎日膨大な時間を費やして数年で受かるのが通例になりますので、相当大変である苦労した人がほとんどです。行列のできる法律相談所でお馴染みの法曹業界の実力派と言われている大渕愛子など一発合格をする天才もいますが、通常であれば東京大学法学部出身者でも2、3年は浪人して当たり前です。

 

さらに言えば司法試験を突破してから、さらに司法修習を修了後に特に優秀な成績を収めている人でなければ裁判官になることができないみたいですね。つまり、この職業で働いている人は基本的にエリートの中でスーパーエリートであると言えるのです。こうした卓越した頭脳に惹かれる女性も少なくは無いのではないでしょうか?

 

社会的にも重い責任の仕事内容

 

働いている人の中には公平さと重要な判断・結論をしなければいけないという点において精神的にキツイ・辛いと感じている人も少なくは無いであると言える。1人の人間の人生を180°良い意味でも悪い意味でも変えてしまう可能性があるので、常に十字架を背負って奮闘しなければいけないと強い使命感を持っている人が多いとされています。また、男性の印象が強い職場ではありますが、実は20%前後の割合で女性裁判官もいますので、結婚相談所でエリート女性を探している男性についてはチェックが必要になるのではないだろうか。

 

時には言い渡した判決に対して世論から猛烈なバッシングを受けるケースもある仕事になりますので、自分の好みで決めることは許されません。特に刑事裁判の場合ですと社会的影響を与える判決もこれまでに数多くあり、中には有名人を相手にしなければいけない場合ですと連日のようにテレビのニュース番組で報道されている案件を担当することもありますからね。

 

ある程度は神経は図太い方が勤まると思います。

 

高年収が期待できる数少ない職業

 

真面目で面白くない!とデメリットの印象を持たれている裁判官ですが、やはり1つの結婚相手に選ばれるポイントとして挙げられるのは給料といったお金の面ですね。新人の初任給で考えるとそれほど大したことは無いのですが、30代、40代、50代と階級アップをする度に右肩上がりで上昇するので、若いうちから年収1000万円は軽く突破します。最高裁判官レベルになると上場企業の社長並の年収になります。

 

裁判官と結婚したい!と考えているなら結婚相談所へ入会するなど積極的に行動することが何より大切になります。ちょっと軽めで攻めるのであれば街コンや婚活パーティーでもいいでしょう。