税理士が参加する婚活サイトとは?

税理士が参加するネット婚活サイトとは?

税金に関するスペシャリストですので、節税・確定申告などに関する専門的知識を有しているためか、結婚後に家計を任されることも少なくは無いと言われています。国家試験合格後に、さらには独立開業・起業後に税理士と結婚しようと考えている人は結構多いのではないでしょうか?さらに言えば女性税理士についても活躍しているので、男性で妻・嫁にもガッツリ稼いで欲しい希望の方については注目の結婚相手になるのかもしれないですね。さて、今回は税理士が参加するネット婚活サイト、結婚相談所、お見合いパーティーなどに関する情報について徹底解説していきたいと考えているので、どうぞよろしくお願いします。まずは職業に就くにはどうすればいいのか?将来性は平均年収はどうなのか?独立開業の成功確率は?などちょっとしたステータスに関する情報について解説していきたいと思いますので、参考にして頂ければと思います。

 

税理士は結婚できない?理由や原因は?

 

実は結構、高卒男性・女性で目指す方も多いのが特徴的ですね。大卒の方がスムーズに資格取得しやすいのですが、高卒でも挑戦することができるのが1つの魅力で人気の理由にもなっているみたいですね。また、実は国税専門官・税務職員などの公務員の場合ですと勤務経験年数等の一定の条件を満たすことで試験を受けることなく、税理士になることもできる点については知っておいて頂きたいところですね。団塊世代の退職に伴い定年後に元公務員の税理士が活躍の幅を広げているらしい。(後ほど税理士の婚活サイトに関する情報を紹介します。)

 

それではなぜ?税理士は結婚できない!のか?それは彼氏・彼女を作れない人もいるでしょう。というのが筆者のシンプルな結論ではあります。いくらステータスの高い人間でも家庭に向かない人はいるでしょう。事実、国民的アイドルで大富豪でもあるSMAP中居正広も自身のことを「結婚に向かない!」と断言していますからね。彼のように芸能界の中枢を担っている人物であれば当然のように毎日のように出会いはあるはずです。結婚したいと思えばぶっちゃけOKを出してくれる女性は山ほどいるはずですからね。

 

どの業界においても結婚できない人はいるのです。

 

税理士の年収・給料明細は?独立開業で一角千金か

 

高収入の有資格者が多いと言われている理由はシンプルに在庫を抱えていない点が大きいのが特徴的ですね。ですとので、例え独立開業に失敗しても大きな借金を背負うケースは少ないのがこの業界の特徴的でもあります。また、起業の時に必要なお金も他の業界と比べると本当に少なく、ほとんど資本が無い人でもスタートすることができるのが特徴的でもありますね。平均的な年収を口コミなどを調べると大体700~800万円くらいというデーターが多いのが印象的ですね。ただ、単なる社員の場合ですと400万円前後が相場になっているように見受けられます。(最後に税理士の結婚相談所に関するマメ知識を解説するのでお見逃しなく。)

 

ここで大きいのは独立開業後になります。成功すれば年収1000万円以上はゴロゴロいる業界です。1億円を超えるのはなかなか難しいのですが、2000~3000万円程度であれば現実的に十分に目指せる数字であると言えるでしょう。

 

また、これは稀なケースですが、元ライブドアの宮内亮治のように巡りあわせによっては税理士の知識を活かした戦略を駆使して、企業の最高幹部までのし上がることも可能になります。

 

税理士は基本的に安定した需要があるので、結婚相手の男性を探しているのであれば候補の1人として入れておいてもいいはずです。

 

税理士の婚活パーティーとは?街コンにもいるの?

 

税理士と出会うにはどうすればいいのか?と疑問に思っている人もいると思いますが、知り合いにそういった関わりのある人がいないのであれば結婚相談所やネット婚活サイトを利用して探すのも1つの手です。最近ですと会員人数がビックリするくらい大きいサービスを展開している会社もありますからね。そういった規模の大きな婚活サイトであれば税理士と出会う確率についてもそれなりにあるのではないか?と思います。