刑務官は婚活で敬遠されやすい?

刑務官は婚活で敬遠されやすいって噂は本当か?

結婚をするために不利・有利というような平等性を考える人は結構います。特に多いのは職業による悩みです。その1つとして紹介するのが今回のメインテーマとなる刑務官の婚活になります。

 

そもそも自然な形で恋愛をするのが一番の結婚に近づく道ではないか?と思われるのですが、実際のところを考えるとどうなのでしょうか?その辺りの事情についても徹底検証していきたいと思いますので、出会いを求める刑務官で結婚相談所やお見合いパーティーへの参加を検討されている方はどうぞ参考にしてくださいませ。

 

刑務官、結婚できない?受刑者との禁断の恋愛も

 

まず最初に王道とも言える同じ職種同士で恋愛に発展する可能性について考えてみました。知っておかなければいけないのは男性・女性の比率です。大体で考えると・・・

 

8(男):2(女)になりますので、女性刑務官は容姿がある程度端麗であればモテますね。

 

しかし、どう考えても男性は漏れてしまいますね。2人のガールを8人で取り合う訳ですから。さらに言えば当然のように刑務官以外と結婚したい!彼氏がいるというパターンもありますので、可能性で考えると現実的ではないのかもしれないですね。

 

結論を言えば男性は職場恋愛の難易度は非常に高いけど、女性はその気になれば割りと簡単に家庭を持つことができる!?という内容になります。そうなると受刑者との恋愛が芽生えても不思議ではないのかもしれないですね。本当にあるとすれば大分ドラマチックですが。

 

そうなると独身男性なら積極的に婚活パーティーや各種イベントに参加することはもちろん、結婚紹介所を利用するのも戦略としては得策であると言えるのではないでしょうか?刑務官は給料・待遇・雇用ともに安定しているで婚活スペックは通常平均より優れていると分析できるのですが、当の本人は勝手に敬遠されるのではないか?など恐れているケースが多いみたいですね。また、そのような噂を先輩や同僚などから聞いた方もいると思いますが、それは単にその人に問題があった可能性が高いので、刑務官は婚活向きではないなどと判断しないことを推奨します。モテる人はモテますからね。

 

個人的には逆に国家公務員という圧倒的な経済的信頼性を活かして、ガンガン恋愛するために出会いの場に足を運んでもらいたいと思っています。慣れると最初は不安でも楽しくなりますからね。

 

刑務官と出会いたい!あなたへ

 

結婚相手として特定されることはハッキリ言って少ないですね。仕事内容が多くの方にとっては非現実的ですので、想像しにくいのが原因の1つであると思います。さらに言えばドラマの主役の職業が刑務官でその役柄がカッコいいという作品が目立っていないというのも理由になるのではないだろうか。

 

木村拓哉などが演じれば世論の流れは一気に変わるかもしれないですけどね。そもそも、刑務官と結婚したい!という方がいるのであればどのような試験を潜り抜けて、毎日どのような業務内容に携わっているのか?をある程度は知っておくべきであると思いますので、簡単ではありますが、紹介していきたいと思います。

 

公安系の区分になりますので、難易度は低いと思われがちなのですが、倍率については年度によって異なりますが、3倍~7倍くらいは覚悟するべき試験になっています。つまり、3人中2人以上は就職したくても不合格で落とされてしまうということです。

 

合格することができた人はシッカリと一次試験の筆記試験対策や二次試験の人物試験(面接など)対策に備えた努力家であると判断していいと思います。受験申込者も例年5000名以上で皆が思っているよりは人気がある職業なのです。

 

続いて仕事内容ですが、刑務所は言ってしまえばコンビニのように24時間稼働している状態ですので、夜勤や早朝勤務もありますので、刑務官と結婚相談所で出会い、妻になろうと考えているのであれば寝る時間や起きる時間帯がバラバラであることを覚えておくことが大切になります。

 

精神的にも肉体的にも結構大変なお仕事ですので、結婚したい!と思っている方はシッカリ支えることができる準備をしておきましょう!