安定した生活を望むなら教師・教員

教員(教師)の結婚相談所や人気でモテる理由とは?

安定した生活を望む女性にピッタリな結婚相手は教員・教師は候補に入れることができるのではないでしょうか?今モテる職業の代表格と言えばココ周辺ですね。

 

バブル期前までは薄給・貧乏・ダサい・・・などネガティブなイメージを持っている人が多かったみたいですが、最近では①安定している②意外と高い給料・年収③モテる・・・とポジティブな印象を持っている人は非常に多いと言われています。また、個人的な感想ではありますが、あまり不倫や浮気は世間体が重要なお仕事になりますので、気を付けている人が多いように思われますので、夫・妻に持った時に気持ち少しは不貞行為をされるリスクは少ないようにも思われます。教員は結婚相談所・婚活パーティーなどのイベントでも人気者と言われているので、積極的に参加をしてみるといいでしょう。20代前半より本気で家庭を作ると奮闘しているアラサー世代の女子からの需要は特に絶大になります。職場恋愛が基本になり、結婚相手を同じ教師に選ぶ人も少なくは無いのですが、ちょっと視野を広げてみてはいかがでしょうか?

 

教員は結婚できない?教え子が相手になることも

 

教育現場で関わるのは仕事の同僚である学校事務や同じ職種の教師、それと最も人数比率が高いとされている生徒になります。伝説のカリスマ脚本である野島伸司の代表作でもある「高校教師」のように現役の生徒と教師が実際に恋愛(彼氏・彼女)の関係になることはそれほど珍しいこともでも無いみたいですね。実際にこれまでに学校の先生と付き合ったことがある体験談を持っている人は少なくは無いでしょう。大抵の場合ですと男性教諭と女子生徒のシナリオが多く、噂・口コミなどを徹底検証しても女性教諭と男子生徒の恋愛に関する情報はほとんど見つかりませんからね。

 

実際に結婚相手が元教え子であるパターンは多いみたいですね。もちろん現役の頃はそのようなことが周囲に知られれば非常に問題になる可能性が高いので、堂々とはしないみたいですが、卒業後に強気になる方も結構多いみたいですね。

 

それでは教員が結婚できない!理由・原因について解説するとシンプルに出会いが少ないということですね。また、常に生徒からの目線があるので、同じ職場で恋愛してバレテしまうと噂などがすぐに立ち、最近ではツイッター、フェイスブックなどのSNSで拡散される可能性も高いのでちょっと仕事がやりにくくなるみたいですね。常に地域住民から見られてしまう職業ですので、ちょっと芸能人っぽい気質があるのかもしれないですね。そんな方は教師の結婚相談所やお見合いパーティーなどを積極的に利用して婚活に励むといいと思うのですが。

 

教員の婚活力はどうなの?給料や将来性を判定

 

地方公務員の中では少し給与の水準が高いと言われている教育職です。平均で考えると750万円程度の年収相場を言われているので、収入面においては恵まれている環境にあると言えるのではないでしょうか。

 

さらに採用試験については学生に指導するくらいだから難しいのであろう。と誰もが予想をしているのですが、実は県庁の行政職などと比較すると大幅に低いレベルであると言われています。実際に県庁や政令都市レベルになると国立大学出身者や有力私立大学出身者が多いのが特徴的です。実は狙い目とも言われている職種ですので、なりたいを実現するチャンスは十分にあると思います。将来の婚活に備えて合格を目指すのはちょっと辞めて欲しいところではありますが。

 

将来性についてもIT化が進み、ipadで授業を推進する方向性も出ていますが、教室に大人が誰も居ないという状況は10年後においてもまだまだ考えにくい現状ではありますので、よほど文部科学省が大胆な改革をしない限りは安泰と言えるのではないでしょうか?そう考えると教師の婚活力は高めであると判定できますね。積極的にお見合いパーティーや街コンなどに参加して、結婚できない!の口癖を克服してしまいましょう。