管理栄養士で結婚したい人を婚活成功に導く全知識

管理栄養士で結婚できない、あなたへ!婚活術教えます。

健康や体調に気を遣う職業であるスポーツ選手と言ったアスリートに人気があるお仕事の1つです。料理上手の人が多く、兎に角”栄養”に関するスペシャリストですので、病院勤務ならアスリート以外の男性医師などからも密に人気があると言われています。

 

ただ、女性ばかりの職場環境によって管理栄養士で結婚できない!と悩まれている方も少なくはありません。

 

しかし、合コン募集においては絶大な支持を受けているの呼ばれやすいはずですので、出会いが無いと言えば嘘になるのかもしれません。

 

しかし、そのような共通の知り合い同士の飲み会が頻繁に実施されているケースとされていないパターンは当然のようにありますので、やはり同じ職業である程度は婚活事情については異なる可能性が高いのではないか?と推測されます。

 

また、管理栄養士で婚活するならまずは下記を読め!ってね。

 

 

管理栄養士が結婚できない理由・要因とは何か?

 

病院、福祉施設、学校などで勤務するケースが多いと言われています。

 

また、中には企業勤務の方もいるでしょう。病院では医者のような高ステータスの男性がたくさんいるのですが、実はライバルが多すぎます。

 

簡単に言えば看護師や薬剤師、医療事務の女子などについても医師との玉の輿を目指しているケースは多いのです。

 

さらに言えば栄養士はコミュニケーションを取る機会が少ないので、お付き合いするチャンスは少ないと言われています。

 

福祉施設などの場合においても、自分より高い給料を得ている男性を探すのがなかなか難しいみたいですね。

 

やはり女性の多くは男性に「最低限、自分より稼いで欲しい!」と願っているものですからね。職場恋愛から結婚するのはちょっとハードルが高いのかもしれないですね。

 

学校など教育現場で働く場合は同でしょうか?教員・先生の中には男性は数多くいますし、平均年収については700万円~750万円程度でステータスはそこそこであると言えるでしょう。

 

結婚適齢期である30歳くらいにおいても年収500万円程度ありますので、婚活力には優れているケースが多いと言われています。

 

しかし、一緒に仕事をする機会も少ないですし、転勤が頻繁にあるので、なかなか仲良くなることすら難しいみたいです。

 

管理栄養士が結婚できない理由がココにあるような気がします。

 

管理栄養士と婚活パーティー・街コンで出会った時の準備

 

会話のネタは持っていて損は無いはずです。

 

ここでは基本的な職業に関する特徴や知っておきたいマメ知識について解説していきたいと思います。

 

一般的になるルートとして早いのは4年制管理栄養士養成課程を修了することです。

 

基本的に短期大学・専門学校、大学へ行って実務経験を積む人も多いのですが、約1年位遅くなるので、できれば最短距離を意識するべきであると言えるのではないでしょうか?

 

社会人になってから志すことも可能ですが、それほど甘くはないので仕事を両立するよりは学生時代に一本に絞って勉強する方が国家試験には合格しやすいはずです。

 

また、実は公務員の募集もある職業ですので、地方公務員として働くことも十分可能になっています。

 

福利厚生や安定した給料が魅力で受験する人が多いことから、民間の保育園や企業、病院などと比較すると就職難易度は高いように思えます。

 

また、最近ではライザップ、24/7、吉川メソッドなどプライベートが流行してることから、ダイエットに関連する業界からも引っ張りだこの状況のようです。今後も高齢化社会は進みますので、健康に関する関心が高まるのは必須です。需要は十分にある職業ではありますね。

 

気になる平均年収・給料については公務員であれば年収550~600万円程度とまずまずの状況ですが、民間だと口コミ・体験談を見ていると年収400万円くらいが相場になっているように思われます。

 

このような事情を知っておくことで管理栄養士と結婚相談所で面会する時や婚活パーティーでお話する時に少しでも役立つはずです。

 

管理栄養士で婚活している方は結婚相談所がおすすめ