年収400万円はちょっと少ない?

年収400万円は結婚相談所ではちょっと少ない部類?

皆さんは結婚相手を選ぶ基準を何にしますか?いろいろありますが、多くの方が気にするのが経済力です。求める条件については人それぞれ異なるみたいです。

 

例えば最低限の生活をすることができるレベルと答える方もいれば、専業主婦で好きな買い物をすることができるセレブを夢見ている人もいるのです。さて、本日紹介するのは年収400万円は結婚相談所の男性の中ではちょっと少ない部類に入るのか?というテーマになります。400万台前半~後半の方はチェックしておいて頂けると嬉しく思います。

 

サラリーマンの平均年収前後に当る中間層

 

男性社会人の中ではやや低いと思われる給料・賞与(ボーナス)であることが推測することができます。スペックを考えるのであれば”中の下”と自覚している人もいるのかもしれないですね。確かに胸を張ってアピールすることができるような高収入ではないと考える人が多いのですが、年齢によっては水準より高いケースもあります。

 

例えば20代前半~後半くらいで年収400万円の男性が結婚相談所にいるのであればチャンス大です。もちろん就職先の企業ネームや独立開業しているのであればその事業の将来性など様々な点を考慮しなければいけないのですが、ハッキリ言って貴重な存在であるのは間違えないでしょう。30代、40代と年齢を重ねるたびに上昇することも十分に考えられると思います。また、収入の内訳についてザックリ予想してみましたので、確認して頂ければと思います。

 

  • 月給:25万~40万
  • 賞与(ボーナス):給料の0ヶ月分~4ヶ月分

 

結婚相手に年収420万とか450万円の男性の選んだ場合に推測することができるのは地方で家賃を抑えて共働きであればそれほど困窮した生活にはならないということです。もちろん、多少の節約は重要になりますが、マンションや一戸建ての購入も十分に検討することができるレベルです。まあ、ぶっちゃけ言えば条件としては悪くは無いので、結婚相談所でも相性が合うのであれば視野に入れておくことをおすすめします。

 

年収400万円、結婚できない!諦めるのは早い?

 

婚活パーティー、お見合いパーティーに行った経験がある人で周りの男性の高額給料に驚いという方もいるでしょう。これでは結婚できないのでは?と余計に心配になってしまった人もいるでしょう。

 

しかし、考えてみると年齢層は高くなかったですか?年収400万円で婚活パーティーに参加することに恥じる必要はありません。特に若いのであれば胸を張って堂々としていればいいのです。逆にお見合いなどで給与をコンプレックスに思っている方が女性にとってもハッキリ言ってダサいですからね。

 

ネガティブに思われているのであれば将来のビジョンを伝えて、期待値を説明すればいいのです。今は司法試験に合格して弁護士になるために勉強をしていると言えばちょっとは印象が変わってくるはずです。