年収300万で自信が持てない

結婚相談所、年収300万で自信が持てない?

年収300万~399万円の所得の男性の婚活・お見合いをメインに解説していきたいと考えています。ボーナスなしの給料で考えると月収28万~33万円程度と言ったところではないでしょうか?賞与ありの夏・冬合わせて4ヶ月分で査定すると月収18万円~20万円弱といったところでしょう。ぶっちゃけ言えばちょっと女性が結婚相手に求める収入には足りないように思われます。年収300万は結婚相談所での需要はどうなのか?今回は徹底的にリサーチしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。自信が持てないと悩んでいる方も必見です!

 

20代前半~後半なら普通です。

 

一流企業に入社しても1年~3年位は大体この範囲の給料になりますので、むしろ標準と言えるのではないでしょうか?また、320万、330万、340万などは一見すると少ない!と思われる方もいるかもしれないですが、贅沢なゴージャスな生活については難しいですが、地方であればそれなりに楽しく結婚生活を満喫することができると思われます。ただ、子供を作るとなると共働きでなければ大変かもしれないので、結婚相談所で年収300万円の男性を選ぶのであれば妻(女性)もパート等でプラスで5万~10万円くらいは得たいところではありますね。さらに今勤めている会社を退職しないで、それなりに自分自身が収入があるのであればそこそこの家賃のマンション・アパートに住めるのではないか?と推測することができます。実は年齢を重ねるごとに男性と女性の給料の差は広がっていく傾向があるのですが、若い頃であればそれほど変わらないことがほとんどですからね。

 

また、20代後半~30代中盤までくらいなら将来性に期待することができる場合もあります。例えば地方公務員、国家公務員においても一般職であれば今回のメインテーマになっている月収・給与水準に当てはまりますからね。その後は言うまでもなく、国家破綻や財政破たんをしない限りは順調に昇給していくので、未来を見据えた結婚相手を考えるのであれば理想的であると周知している人も多いのではないでしょうか?また、美容師、すし職人、士業などは独立開業をすることで現在の2倍、3倍、凄い成功例になると10倍以上稼ぐ人もいますからね。

 

そういった将来的にお金持ちになる男性を見極めるのも1つの手かもしれないですね。ただ、街コン・お見合いパーティーで年収300万の男性と聞いても特に意外性とかは無いですけどね。婚活パーティーでモテたいなら倍以上は欲しいところかもしれないですね。

 

30代後半~40代、50代は要注意かも!?

 

ただ、結婚相談所で年収350万、310万、360万、370万くらいの中高年の男性を結婚相手に選ぶ時に若干注意が必要ですね。380万、390万でも同じことが言えるのですが、伸び率に不安要素が高いですね。

 

特に突出した技術・知識・資格が無い場合はこのまま老後へ突入する可能性がありますので、貯金・貯蓄が全くないと怖い・心配と考える人も少なくはないのではないでしょうか?また、女性の場合ですと自分に資産があればある程度はいろいろなタイプの男性を視野に入れることができるとは思うのですが・・・。いかがなものでしょうか?