財務省の男性と結婚するテクニック

財務省の男性と出会う方法や結婚するテクニック

超ハイステータスと呼ばれている職業があります。それが霞ヶ関で働く中央官庁の高級官僚と言われている職員になります。その中でも特に一際輝く省庁が存在します。それこそ本日紹介する財務省になります。

 

財務省官僚と結婚相談所で出会いたい!と猛烈に強い意志を持っている女性は特に多いのではないか?と思います。財務省の男性と婚活パーティー、街コンなどなど様々な今注目の気になる最新情報についてお伝えできればと思いますので、どうぞ最後までよろしくお願いします。

 

財務省職員の結婚相手はどんな人?本当にモテるの?

 

経済産業省、総務省などと共に合コンでモテる職業の代表格と言えば財務省キャリアになります。婚活・街コンなどにおいて需要がある理由は様々あります。その中でも特に注目ポイントをまとめましたので、ご覧くださいませ!

  1. 東大出身のエリートが多い
  2. 兎に角、ずば抜けて頭がいい
  3. 仕事のスケールが大きく、カッコイイ
  4. 公務員なので安定してる
  5. 世間体・社会的地位が高い
  6. 人数が少ないので、婚活において希少価値が高い

全ての官庁の中でも特に日本ナンバーワンの偏差値を誇る、超有名な東京大学出身者が多いことで知られています。その中でも法学部・経済学部の上位成績でなければ内定するのは難しいと言われています。昔は毎年のように首席で卒業してるスーパーエリートが入庁していたようですが、最近ですと優秀な学生は外資系企業に取られているともっぱらの噂ではあります。そして、イコールで結びつくのは”本当に頭が良い”確率が高いということです。やはり女性は才能や能力に惚れやすい傾向がありますので、頭脳面で優れているというのはモテる要素になっているのは間違えないでしょう。また、最近では消費税増税など人々(国民)の生活に直接関わるような超重要な仕事を果たしている点に魅力を感じるのは分かる気がします。

 

さらに言えば国家公務員の身分になりますので、財務省ノンキャリアでも高級官僚でも年収・給料の安定感については抜群ですね。一般職採用のノンキャリアでも順調に出世をすれば最終的に年収ベースで800~1000万円を目指すことも可能になっています。財務省官僚組織の実質トップである事務次官になれば年収2000万程度は期待できると言われていますからね。将来性に優れている点については非常に魅力的であると言えるのではないでしょうか?総合職採用組であれば40歳で年収900万、50歳で年収1200~1500万円と特別高い年収ではないのですが、やはりそれでも魅力的ではありますね。

 

最近ですと天下りに世論が厳しい状況ではありますが、ある程度の階級まで登りつめれば、未だにそれに近い内容で一流企業の役員、独立行政法人の理事など退官後には上級ポストが用意されているケースが多いのが特徴的ですね。実質的な生涯年収で考えるとメリットは大きいと昔から言われています。

 

そんな財務省職員の結婚相手はどんな人なのか?同じ公務員同士であるケースもありますし、職種は様々になります。しかし、彼等の特徴は華麗なる一族として育った人が結構多いという点です。もちろん、一般家庭出身もたくさんいますが、一般的な職業と比較するとやはり品格に優れたお坊ちゃまタイプが多いのです。なので、結婚相手はある程度の学歴、民間なら企業に勤めている人の方が好まれる傾向がありますね。

 

また、国会期間中など時期によってはめちゃくちゃ激務な業界ですので、深夜~早朝まで及ぶ時もあると言われている残業、さらには政治家等の付き合いについては理解をしてあげないと家庭を安定させるのは難しいと言えるでしょう。さらにぶっちゃけ言えば財務省男性が婚活パーティーや結婚相談所、お見合いパーティーに参加するのはレアですので、もし当たったら逃すのは勿体ない!

 

ただ、結婚するためのテクニックとしてはやはり婚活の場にはできるだけ顔を出すようにするべきでしょう。