外交官(外務省)は結婚できない?その理由と解決策

外交官(外務省)職員の結婚相手とは?出会う方法を伝授

高いステータスを持った職業は多数ありますが、その中でも品格に優れているのが外務省・・・言ってしまえば外交官になりますね。

 

霞ヶ関で一番モテると言われている彼等、外交官の結婚相手とはどのような女性なのか?

 

さらに外務省官僚の男性と出会う方法としてはどうすればいいのか?など他ではなかなか聞けない本音トークで解説していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

 

簡単に紹介すると総合職と一般職、さらには外務省専門職の3つに分かれている点を覚えておきたいところですね。

 

今回、基準にして紹介するのは将来の最高幹部候補である総合職入庁組のスーパーエリート集団に関する情報になりますので、ノンキャリアに関する情報については違った場所で検証してみてくださいね!

 

 

意外と多い?結婚できない外交官

 

語学力に優れている人材でなければ基本的に採用されないので、帰国子女や留学経験が豊富な職員が多数いるのが特徴的ですね。TOEICで900点以上は当たり前の世界でTOEFLで高得点を叩き出すのも同じように彼等にとっては朝飯前ですね。

 

こうしたグローバル(国際派)な外交官はイメージ通り、合コンや婚活パーティー、さらには外交官の結婚相談所などでモテるみたいですね。これだけの高い能力・スキルを持っている人はやはり女性からすると見逃せないですからね。

 

しかし、実は結婚のハードルは結構高いものだったりするので交際している方や結婚しようか考えている女性は注意が必要になります。

 

なぜ、外交官は結婚できない!と悩む男性が多いかと言えばまず第一に海外転勤の問題があります。

 

国外での生活に憧れている方の中には旅行気分で楽しいとイメージをしている人もいますが、実は危険な区域に配置される可能性も十分にあるのです。

 

ハワイで暮らしたいからと言っても基本的に希望が叶うのは公務員の人事異動は稀です。ほぼ無理と言ってもいいでしょう。

 

結局のところ単身赴任になる確率が高いので、中には結婚を諦めている人も少なくは無いと言われています。イケメンが多く、モテると言われている職業であるのは間違えないのですが、ここに結婚の壁があるのです。

 

ある程度の理解が無いと結婚相談所で外交官を見つけると言ってもなかなか上手くはいかないでしょう。

 

外務省キャリアと結婚すればセレブな生活が待っている?

 

数ある公務員の職種の中でも特に高収入を得ていると言われています。

 

ただ、本庁勤務の場合ですと通常の国家公務員と同等程度の給料になるのですが、在外公館勤務になると話は別になります。特に危険な地域だと諸手当がガッツリとつくのでビックリするくらいの年収に膨れ上がるみたいです。

 

ただ、2~3年くらいのサイクルで本庁や在外公館をランダムで異動することになりますので、年収にバラつきは出そうですね。

 

一概には言えませんが、海外勤務であれば20代後半~30代前半くらいで年収1000万~1500万円くらいは口コミなどを見ると突破してそうですね。

 

本庁勤務は約半分くらいですので、500~750万円くらいの水準になるかと思います。

 

高額給料を若くして得ることができる貴重な職種の1つではありますので、やはり採用試験は超が付く人気ぶり。難易度は非常に高いとされています。

 

ちなみにトップ階級である大使・公使クラスの役職になると年収は2000万円を突破するとも言われています。

 

基本的に外務省に入る学生のタイプは①モテたい願望が強い②語学力に優れている・・・がネットの噂や分析リサーチでは傾向としてあるみたいですね。

 

結婚後の生活を考えると大富豪とまでは言えませんが、よほどのことが無い限りはお金に苦労することもなさそうですね。

 

また、結婚相手として考えられる職業は外資系企業のキャリアウーマン、国際線の客室乗務員(CA)などなどですね。

 

女性職員の場合ですと政治家とコッソリお付き合いするケースも珍しくは無いと言われています。

 

また、海外勤務が多いので仕事柄日本人以外と結婚するケースも多いと言われています。

 

国籍については勤務地によって異なりますね。国内での出会いというより、海外での出会いが活発なのかもしれないですね。

 

外交官は結婚相談所で婚活してるの?

 

数は少ないですが、外交官の婚活パーティーに参加する可能性は十分にあります。

 

結婚相談所に入会しているケースも十分に考えられますので、結婚したい人は出会うチャンスは十分にあると思います。