キャリア官僚と婚活するには

キャリア官僚の婚活するには?出会う方法

昔で言えば国家Ⅰ種、最近の試験名称なら国家総合職に合格した職員は将来の各省庁における最高幹部候補になります。キャリア官僚の婚活や結婚相談所に関するテーマで解説する訳ですが、いかに魅力的で権威のある職業であるか?ちょっと分析しましたので基礎知識を紹介していきたいと思います。キャリア官僚で結婚したい女性は特に覚えておきたいところではありますね。簡単に言えば彼等はニュースや政治討論番組で頻繁に出てくる”キャリア官僚”と呼ばれる国家公務員になります。特徴は圧倒的な出世・昇任スピードが他の一般職との最大の違いであると言われています。例えば警察庁キャリアの場合ですと警部補からスタートになり、短期で警部・警視・警視正と上級ポストへ道を歩んで行きます。今はどうだか分からないのですが、少し昔は20代後半くらいで警察署長になるのが普通だったと言われているくらいですので、いかに地方公務員採用組とのスピード力の違いが明確かが分かりますね。

 

普通の警察官の場合ですと巡査~巡査長10年、巡査部長10年、警部補10年・・・退職前に警部に昇任することができればまずまずと言えるでしょう。それが入ってきたばかりの20歳~30歳年下の若手に苦労して積み上げたものが一瞬で抜きさられてしまうのですから、物凄い格差があると言えるのではないでしょうか?警察庁の場合ですと非常に分かりやすいので例に出しましたが、これは文部科学省、厚生労働省、経済産業省、総務省、農林水産省、国道交通省、法務省、環境省などなどどの中央官庁においても見られる光景ではあります。入庁したての20代中盤が定年間際の50代の上司になるのは業界では普通なのです。

 

キャリア官僚と結婚するのは難しいのか?

 

かなりハイスペックである印象が強い職業ですので、一般家庭の女子には敷居が高いのではないか?と思われていますが、実は結婚相手が普通のOLであるキャリア官僚の男性は結構いるみたいですね。中には華麗なる一族タイプの人間もいますが、大半はごく普通の一般家庭で育った方が多いと言われています。確かに学歴について東京大学を筆頭に高学歴のハイクラスにはなるのですが、結婚相手の候補として名乗りを上げるのはそれほど難しいことではないので挑戦してみる価値は十分にあるはずです。ただ、官僚は婚活パーティー・お見合いパーティーなどのイベントにはそれほど姿を見せないみたいですね。いる時のあるみたいですが。街コンなどについても同様であると勝手に推測することができます。

 

しかし、結婚できない官僚もいるので、婚活に対して無関心である訳ではないでしょう。中には結婚相談所へ入会を決心して本気で家庭を作ろうと努力するエリート君も居ますからね。

 

官僚と出会いたい!のであれば婚活をしている人が集まる場所に積極に行くことが大切になるのではないでしょうか?休みの日に家でゴロゴロしているような人に出会いや結婚チャンスは来ませんからね。

 

結婚したい!と思っているのであれば即日行動が大切になります。ちなみに官僚で結婚できない!と困っている人についても同様であると言えるのではないでしょうか?