行政書士、独立開業してれば候補へ

行政書士、独立開業してれば結婚相手の候補に

一国一城の主になりたい方におすすめの独立開業系の国家資格の代表格と言えば行政書士になります。難易度についてもそれほど高くは無いので、ある程度努力をすれば誰でもとまでは言いませんが、合格することができる確率が高い分野の1つであると言えるのではないでしょうか?ここでは行政書士の婚活や彼氏・彼女を作るための方法、さらには恋愛事情まで細かく解説していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

 

行政書士の婚活ランクはどうなの?

 

官公庁への代行手続き、さらには何でも屋である一面がありますので、頭を使えば資格一本でまだまだ生き残ることは可能であると言えるのではないでしょうか?

 

行政書士と結婚したい!と思っている男性・女性で注意点があるとすれば完全実力主義の業界である点です。稼いでいない独立開業の方であれば年収100万円以下と自分の飯を食べてイケるか?どうかの方すらいます。逆に成功している方であれば年収1000万円~2000万円程度ならそれなりにいます。口コミ・体験談などを見ると1億円を突破している人も数は少ないはずですが、いるみたいですね。

 

総合的な行政書士の婚活レベルを評価すると「普通」判定になります。特に優れている訳ではないですし、ダメな訳ではないので「モテる」という感覚を持っている人は少ないのではないでしょうか。可能性はありますが、安定度・将来性・平均年収等を考慮すると一般的なサラリーマンと考えていいと思います。

 

但し、独立開業後に成功できるか?失敗できるか?について注目するのが、結婚相手を選ぶ時には大切になるのではないかと思います。また、今現在、年収1000万円を超える行政書士でも来年、再来年まで維持することができるかは検討が付きませんし、個人事業主の場合ですと支払う税金が多いケースもあることや将来的な年金等の問題についても視野に入れておくことをおすすめします。最近の女性の中には自営業(フリーランス)を敬遠する傾向がありますからね。

 

行政書士で結婚できない!人は意外と多い

 

結婚相手を見つけることができない理由・原因についてはシンプルになります。一般的に資格取得後にすぐに独立開業をするケースが多く、さらにスタートアップの時には1人で事業を開始するケースが多いのです。

 

多くのサラリーマンに当てはまる職場恋愛がまずないのです。日々、顧客と関わる仕事ではありますが、あくまで相手の”お客様”な訳ですから、よほど神経が図太くない限りは自分から口説くことは難しいでしょう。人を雇うとしても基本的に1~3名程度と少人数になりますので、まず行政書士には出会いが無いのです。そこで、おすすめなのが婚活パーティー・お見合いパーティーへの参加です。しばらく恋愛経験が無いのであればまず彼氏・彼女といった恋人を作るところから開始するといいでしょう。

 

さらに短期で家庭を作りたい!と考えているのであれば行政書士で結婚相談所へ入会するのもメリットは大きいのではないか?と考えられます。

 

行政書士の男性と結婚したい!出会う方法を教えて?

 

士業の集まりなどに若手でも交友関係を広げるために顔を出す人もいますが、基本的に同じ業界で仕事をしなければいけないので、合わせるのは難しいでしょう。

 

そうなると必然的に合コンなどに頻繁に参加することが出会う確率をアップさせる方法になる訳ですが、口コミ・体験談などでもそのような場面に登場するイメージは薄いですね。やはり、婚活パーティーや結婚相談所など本気の人が集まる場所へ行くのが理想的であると言えるのではないでしょうか?

 

ちなみに行政書士と婚活する時のポイントとして下記は抑えておきたい。

  1. 修行中は薄給
  2. 独立開業後の年収は勝ち組と負け組に分かれる
  3. 個人事業主(フリーランス)も多い
  4. 高卒もいる。法学部出身で取得している人も多い
  5. 会社設立、建築許可、風俗営業、相続業務が注目

仕事内容などを知っていると仲良くなりやすいですからね。最近では円安の影響で外国人観光客も増えているので入管・帰化関連についても熱いかもしれないですね。また、トレンドで言えば免税店申請なども抑えておきたいところではありますね。