CA(キャビンアテンダント)は本当に高嶺の花?

CA(キャビンアテンダント)は本当に高嶺の花?婚活している人も!

婚活事情に詳しい人の中には昔ほどCA(キャビンアテンダント)の男性人気は下落していると話す。かつては”スッチー”と言われメンズの中では常に高嶺の花で憧れの存在で、男性から貰ったプレゼントで全身ブランド品だらけになっていたモテるCAも多かったみたいですね。参加する合コンと言えば弁護士や経営者・医師といったハイクラスの社会的ポジションを担っている方が中心であるのがお決まりのような状況だった時代もあったみたいですね。それが今や一般企業のサラリーマンでも十分にCA女子とのお付き合い・結婚を目指せやすい環境になっていると分析することができます。キャビンアテンダントが結婚相談所や街コンなどで婚活しているケースもありますので、むしろ”残り物”にならないように必死になっているアラサーも多いのではないでしょうか?モテると言われていた職業ですが、実際のところはどうなのか?男性の需要に優れていたのが1つのステータスになっているので、やはりまだまだモテるのか?

 

CAなのに結婚できない女子続出?

 

実はキャビンアテンダントで婚活パーティー、街コンなどに参加している女性は結構いるみたいですね。「この時代ではもうモテないでしょ?」と思われがちですが、CAは結婚相談所でも上位に入る人気職業である点には安定感があるみたいですね。まず、接遇やマナーに関する知識については航空会社に勤めていることで、プロフェッショナルですね。さらに特に国際線では語学力についても優れている方がゴロゴロいます。採用求人情報においてもtoeic点数が600点以上が最低基準になっている大手企業が多いなど、内定者の中には800点、900点以上のスコアを叩き出す人がいるのが普通です。圧倒的な教養を身に着けている女性ですので、外資系企業のエリートサラリーマンから一流企業の経営者、さらにはスポーツ選手や芸能人から声を掛けられたという体験談を持っている人は多数います。

 

CAの人気は確かに下がったように思えますが、昔がちょっと異状だっただけ、今でも十分すぎるほど男性にモテる職業である点には変わりないでしょう。キャビンアテンダントと聞いてテンションの上がらない男性はあまりいないでしょう。ただ、CAで結婚できない!と悩まれている人がいるのも事実です。その場合においての理由は大抵「高すぎる理想像」ですね。先輩や昔の武勇伝を聞くと「玉の輿に乗るが当たり前」と認識をしていて、理想とする男性の年収についても1000万円以上、2000万円以上、3000万円以上とスケールが違う場合もあるみたいです。未婚で年収800万円で貴重と言われているだけに結婚相手を見つけることができないと苦しんでいる人がいるのは事実みたいですね。

 

CAになるにどうすればいいの?難易度や出身大学

 

客室乗務員になるために必要は資格はありませんので、普通の一般企業の就活と同じ流れでなることができます。

 

ただ、語学力においてtoeic点数を重要している点、身長が大切になる点などいくつか暗黙の条件があるのはちょっと他の就職先と異なるのかもしれないですね。

 

また、最近では客室乗務員を目指すための専門学校や短大なども存在するので、4年制大学を必ずにも卒業しなければいけないということではないみたいですね。また、新卒枠だけではなく転職組の登竜門になる中途採用も存在するので頭に入れておきたいところではありますね。難易度は非常に高く、なりたくてもなれない人は毎年のように続出しています。それだけに価値の高い職業と認識されているのかもしれないですね。

 

さらに出身大学は重要であると噂されているなど何かとなるためにハードルが高いのは昔も今の一緒ですね。契約社員から正社員へと移行することができるパターンもあるみたいです。

 

華やかなイメージがありますが、仕事内容はよくよく考えると雑用のような内容が多いのが特徴的です。力仕事も多く、重労働でもありますので、弱音を吐いて離職する人も少なくは無いと言われてます。それだけに経験年数をある程度積んでいる方は精神的にも強いのではないか?と推測することができます。

 

シンプルに婚活で有利になるから、お金持ちと結婚したいから・・・など安易な理由で就職してしまうと辞めることになってしまうでしょう。今後もCA(キャビンアテンダント)の結婚相談所や婚活パーティーなどは注目しておきたい。