看護師の婚活を成功に導く全知識

看護師(ナース)の婚活まとめ

ナースは白衣の天使として、男性から婚活において絶対的な人気を誇る女性職業の1つが看護師になります。基本的に結婚相談所でモテる代表的な存在ではあるのですが、それだけに期待値については高まってしまう傾向があります。

 

想像と現実を知った時に良い意味でのギャップはメリットに働くことが多いのですが、悪い意味においてはガッカリ感が凄いみたいですね。

 

「えッ?看護師って〇〇じゃないの?・・・」みたいな感じで場合によっては評価を落としてしまう可能性も十分に考えられますので、注意が必要になります。

 

看護師で婚活の不利にならないように気を付けなければいけない注意点、さらには看護師で結婚できない理由などこれから街コン、お見合いパーティー、結婚相談所などに参加してみようと思っている看護師の婚活女子は必見のコラムになっているのと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

 

 

看護師が結婚できない理由・原因は全部で5つあることが発覚

 

当サイトの調査において看護師が婚活で不利になっている弊害が5個あることを見つけました。共通点や特徴についてまとめましたので、まずはご覧ください。

 

  1. 1人で生きていける経済力がある
  2. 職業で好きになられることに抵抗がある
  3. 夜勤・当直など忙しい
  4. プライドが高い
  5. 実は他の女性とそれほど変わらない

 

1つの目のポイントとして挙げられるのはある程度の年収・給料を貰っているので、男性より経済的に豊になっているケースが多いのが特徴的ではあります。

 

特に看護師は他の職業と比較して初任給ベースに優れているので、20代前半~後半の間においては一流企業に勤めている男性でも圧倒的に上回るのは難しいでしょう。

 

一般水準に中小企業勤務であれば基本的に足元にも及ばないはずですからね。

 

2~3年目程度で年収400万円以上の人も珍しくは無いですし、30代前半で年収500~600万円程度で稼いでいる人も中にはいます。

 

同世代の男性との恋愛で自分より高い給料を貰っている男性と付き合ったこと無いという人は結構多いのではないでしょうか?

 

男性は1人では生きていけない弱い女性と恋愛している方が結婚を決断しやすいようです。

 

「自分が居なきゃダメだ!」というのがプロポーズのキッカケになるパターンは結構あるみたいですからね。

 

そう考えると経済力にも優れていて、自分のことは何でもできてしまう強い女性が多いとされている看護師は重要なところで避けられる可能性があると言えるのではないでしょうか?

 

また、男性の中には「看護師」に対する熱狂的なファンもいます。

 

ナースなら誰でもOKのようなスタンスです。合コンや婚活パーティーで結構多いみたいで、やはりそうなると抵抗が出てきますよね。

 

仕事内容で不利になる点については病院で働いていると生活リズムがバラバラになっている点が挙げられます。

 

夜勤なしで働いている人もいますが、休みの日がサラリーマンのように土曜日・日曜日と決まっていないためデートする日程が会わないと悩まされている人もいるみたいですね。

 

実際に忙しい仕事でお互いがすれ違い、結局彼氏と別れてしまったという体験談・口コミは結構ありますからね。看護師は婚活するならそのような理解がある男性が望ましいと言えるでしょう。

 

結婚相談所などでもスタートアップの時から高い評価を得てしまうので、実際に面会した時や交際に発展した後に少しでもボロを出すと追及されてしまうという苦い思い出をしている女性もいるみたいです。

 

白衣の天使と言えどもプライベートでは普通の女子なのです。

 

実際に上記のような問題点から人気のあるモテる職業と長年されていながら、看護師は未婚率が高いという結果が出されている場面もあります。①の経済力に優れている点が原因になっているのか?未婚のシングルマザーは何となく多いような気がしますね。

 

30代で結婚できないと焦るので20代前半~後半でゴールインしたいと考えているなら、積極的に看護師は結婚相談所などの出会いの場に参加するべきです。婚活パーティー・街コンなどに参加すると美人ならほぼ間違えなく男性陣に喜ばれますからね。

 

忙しい方はネット婚活サイトがおすすめ

 

足を運ぶ必要があるリアルな婚活イベントには忙しいし、友達が居ないので1人では参加しにくい!という方も中にはいるみたいです。そんなナースは婚活サイトを利用するのも1つの手です。

 

また、最近では主要エリアであれば大手の結婚相談所の支店も増えているので、本気であれば入会を検討してみてはいかがでしょうか?