医師の結婚相談所を比較

医師・医者の結婚相談所を比較

女性人気ナンバーワンの呼び声も高い職業である医師の結婚相談所比較をメインのテーマとして解説していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

 

医療系専門職の最高峰と言えば医者ですね。多くの人の最初のイメージは”高収入”であると思います。さらに”頭が良い”、”高学歴”、”社会的地位が高い”、”世間体抜群”などポジティブな意見が多いのが特徴的ではありますね。医師の結婚相談所口コミ・評判を気にする人は多いと思いますので、実は今回は人気ランキングも企画していますので、どうぞよろしくお願いします。最近ですと医者特化、医師専門の婚活パーティー、街コン、お見合いなども流行しているみたいですので、その点についても分析リサーチしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

 

医師の基本情報を知っておきましょう!会話ネタ

 

主に開業医、勤務医、研修医に分かれています。

 

実はひよっこ卵である研修医男性がこの中であれば婚活イベントにおいて落としやすいのが特徴的ですね。理由はシンプルに社会にそれほど慣れていないので、女性の免疫が薄いのです。

 

また、これまで勉強一筋で頑張ってきたガリ勉君タイプが多いので、交際経験も少ないケースが多いのが特徴的ですね。中学生の頃、好きと言われて好きになった経験がある人もそれなりの割合いるはずです。まさにそれを狙えるのが研修医になります。よほど犯罪・事件を起こしたり、全く異なる職業へ転職するなど道を外さない限り、ほぼ間違えなく高収入で安定感がある社会的地位を築くことができる点を考えると婚活における優良株であることは間違えないはずです。ちなみに年収・給料順に3つの種類を並べると下記の通りになります。ちなみに婚活難易度についても同様になるでしょう。

 

開業医>>>>>>>>>>>>>>勤務医>>>>>>研修医

 

上記を見れば分かる通り、開業医と勤務・研修医では年収に大きな差があるケースが多いのが特徴的です。勤務医でも麻酔医・美容外科で開業医並の収入を得ている人もいますが、平均で考えるとやはりレベルが違いますね。実は医師は年収1億円オーバーが弁護士、公認会計士など所謂、超一流の専門資格を持っている人と比べて圧倒的に多いのです。

 

その大半は開業医と言われていますので、いかに一国一城の主になることで可能性に秘めているかが分かります。また、今後は高齢化社会が加速しますので、需要が途絶えるのは想像することができません。

 

結婚相談所で開業医の息子か?それとも一般家庭出身か?で将来性が大きく変わってくる場合があります。また、ちなみにですが国立大学病院の医師と言えばエリート感がありますが、実は国家公務員になりますので、それほどとび抜けて高い給料を得ている訳ではないので、注意が必要になります。教授、さらには人気の外科部長クラスでなければセレブ、玉の輿婚は難しいでしょう。しかし、そこまで出世レースを勝ち抜いたということは年代についても若くて40代、一般的には50代、60代であることが推測するので、医師の結婚相談所比較ランキングで入会している女性の年齢が20代、30代であれば歳の差結婚になるでしょう。

 

また、上記で簡単に説明をしましたが、実は身分についても複数に分かれているので抑えておきたいところですね。

 

主に国立=国家公務員、県立・市立=地方公務員、それ以外(私立病院)=サラリーマン

 

テレビドラマで泥沼の教授戦レースが繰り広げられているのが国立病院になりますね。皆さんも一度はご覧になったことはあるのではないでしょうか?

 

また、内科、産婦人科、耳鼻科、皮膚科、精神科、外科、眼科・・・などなどテリトリーについても分かれているのが特徴的ですね。特に花形部署と言われている外科の医師は婚活パーティーに参加すれば主役級の輝きを放つほど人気がありますし、レアな存在ではありますね。しかし、激務な割にはそれほど収入は高くないなど悩みを抱えている人は多いみたいですね。プライベートに費やす時間が少ないですし、呼び出しなどもありますので、デート等のドタキャンについては理解する必要があるでしょう。また、当直などもありますので、付き合った時に会う約束をするのが大変であるという体験談などもありますので、頭に入れておきたいところですね。会話を弾ませるためにある程度はネタを仕入れるのは大切なことです。目指せ玉の輿!

 

気になるなら資料請求・登録と積極的に行動

 

医者の結婚相談所評判&口コミ比較について興味を持つ人もいますが、それはあくまで第三者の感想になります。これは医師の婚活パーティーランキング、お見合いパーティー人気などにおいても同じことが言えるのではないでしょうか?”行動する”ということ何よりも大切になります。これをしない限りは始まりませんからね。ただ、料金・費用が掛かりますので、具体的に自分にとって本当に必要なサービスを受けることができるのか?について知ることは非常に大切になります。そんな意味でも医師結婚相談所へ資料請求をすることは需要です。その後、やっぱり気になる!ここで出会いを求めたい!と強い意志を持つのであれば登録・入会するべきであると思います。

 

医師の結婚相談所おすすめランキング【最新版】

 

 

 

 

人気のある結婚紹介所に厳選紹介していますので、どうぞご覧くださいませ!比較するならまずは下記から資料請求がポイントになりますね。やはり、全国各地を分析すると主要エリアである東京、大阪、名古屋、横浜、福岡などで特化型・専門系のサービスを展開している傾向があるように見られます。ただ、医師専門の結婚相談所に行けば玉の輿目当て丸出しという印象もありますので、あえて医者に特化されている必要はないのかもしれないですね。それではおすすめランキングをチェック!


医師の結婚相談所を比較記事一覧

高齢化社会の日本において抜群の安定感を誇る資格の1つです。また、新規参入するのが社会人になってからでは難しい業界で希少価値が高いのが特徴的でもあります。さて、そんな薬剤師の婚活パーティー・街コン、さらには本気で夫・妻を作り、家庭を持ちたい方におすすめの薬剤師の結婚相談所に関する最新情報について紹介していきたいと思います。また、資格取得方法までの流れやこれから30年、40年と長期間一緒に生活する上で...

ナースは白衣の天使として、男性から婚活において絶対的な人気を誇る女性職業の1つが看護師になります。基本的に結婚相談所でモテる代表的な存在ではあるのですが、それだけに期待値については高まってしまう傾向があります。想像と現実を知った時に良い意味でのギャップはメリットに働くことが多いのですが、悪い意味においてはガッカリ感が凄いみたいですね。「えッ?看護師って〇〇じゃないの?・・・」みたいな感じで場合によ...

出逢いに関する悩みを持っているアラサー女子は非常に多いみたいですね。これは女性だけではなく、幅広い年齢層の男性においても同じことが言えるのではないでしょうか?さて、紹介するのは保健師の出会い相手や婚活パーティーなどに関する分析になります。また、保健師と医者は結婚するケースが本当に多いのか?などに関する気になる噂についても徹底調査していきたいと思いますので、どうぞ楽しんでご覧いただければと思います。...

健康や体調に気を遣う職業であるスポーツ選手と言ったアスリートに人気があるお仕事の1つです。料理上手の人が多く、兎に角”栄養”に関するスペシャリストですので、病院勤務ならアスリート以外の男性医師などからも密に人気があると言われています。ただ、女性ばかりの職場環境によって管理栄養士で結婚できない!と悩まれている方も少なくはありません。しかし、合コン募集においては絶大な支持を受けているの呼ばれやすいはず...

少子高齢化社会において悩まされているのは病院など医療現場だけではなく、社会全体へと広がりつつあります。男性の女性にガッカリするポイントの1つとして「子供が嫌い」である点が挙げられるケースが多いと言われています。逆手に取れば逆に「子供が好き」な人はメンズからすると好感度に優れているという訳ですね。そう考えるとイコールで結びつくのは子育てが得意な女性はモテるのではないか?という疑問ですね。さて、今回紹...

最近ですと安定した医療業界へ就職したい女子高校生は増えているみたいですね。憧れの理由は美人で可愛い子が多いから?全体的におしゃれで、医師など高収入の職種の男性との出会いも期待することができるからという女性もいるのではないでしょうか?しかし、同じ職場で働きたいけど、難しい国家試験に合格する自信はないし・・・そんな方に人気を集めているのは医療事務ですね。最近ですと専門学校だけではなく、通信教育を利用し...

婚活人気職業のロングセラーとも言える職業が男性に熱い支持を得ている保育士・幼稚園の先生ですね。モテる理由の1つとして数えられているのはやはり”子供好き”、”子育て上手”のイメージが強い点ではないでしょうか?保育士と結婚したい男性が続出したとしても決して不思議ではないでしょう。それだけ魅力的な職業であるのは間違えないですからね。結婚したい女性の職業の定番はコレですね。男性が結婚したい代表的な職業と言...

介護士男性は婚活・恋愛で悩みや不安を持っているケースは多いみたいですね。例えば一向に良くならない待遇条件はその1つではないでしょうか?重労働に割に収入が低い点に不満を持って離職する人も少なくはないでしょう。最初は人の役立つ仕事をしたいと自ら進んで就職を志願した方でもやはり結婚相手を探す時に低所得である点に負い目を感じてしまう場合もあるでしょう。ある種のコンプレックスみたいな感じですかね。さて、今回...